Archive for 10月, 2014

俺の彼女は毛むくじゃらだった話

俺の彼女は少し前までかなりの毛深い女でした。
俺も特に毛深いことに気を留めていなかったので、いままでずっとムダ毛とかは適当に処理してたと思う。
たまに脇毛が生えてたりしたのを見たので、彼女自身もそう気にしてなかったはず。

ところがある時を境に急に色気付きはじめて、化粧はもちろんヘアースタイルも出かける前は念入りにセットし始めた。何があったのかはまだ聞いてないけど、彼女自身の中の何かが目覚め始めたんだと思う。

いままで無法地帯だったムダ毛もマメに剃るようになり、最近は脇毛はもちろんだけど、腕の毛やすね毛は全くと言っていいほど、毛がなくなっていることが多い。
もっとびっくりしたのが下の毛もしっかりと処理されていて、俺としてはいつもと感じが違うから、なんか照れくさいったらありゃしない。

ただ、この彼女の一連の行動に関しての感想は悪いことではないので、べつにそのまま何も言わずにいる。
でも、こういう行動に気持ちが移った、具体的な経緯を聞きたい。

これは機能の出来事だったけど、彼女の部屋に脱毛サロンのチラシが置いてあった。これってもしかして行くってことなのかな・・・?
チラシの内容と俺の脱毛サロンのイメージにギャップがあった。

俺の中での脱毛サロンへのイメージは高級な機械を使うのでそれなりの料金がかかると思っていた。
けど、チラシに書いてある脱毛サロンの料金は初回0円と書いてあった。つまり無料っていうこと。初回だけ無料で予約ができるみたいです。

それにしても最近の脱毛サロンはなんて安いんだろうね。
俺も脱毛サロンに行こっかな。

私の癒しアイテム

小物類がやけやたらとなくなります。
毛抜き、リップクリーム、クシ、爪切り…。

管理が悪いせいかと思っていたのですが、どこをどう探しても出てきません。
「不思議なこともあるもんだなあ、ひょっとしてオマエが食べちゃってるのか?ん?白状しなさい!」
と飼い猫をとっ捕まえてからかっているときに、あーっ!あった!!
猫が自分のケージの中に持ち込んで隠していました…。
猫というものは思わぬもので遊ぶんですね。

リップクリームくらいなら構わないけれど、爪切りは一応刃物なので、もっと厳重に管理しなくてはと反省しきりです。
わたしは生理痛がひどいので、毎日ホルモン剤を定期的に飲まなければなりません。
このホルモン剤、シートでポンと渡されるのでやはりなくしてしまって探し回ったことがあります。
そのときも猫を叱ってしまったのですが、やっとの思いでみつけたのはわたしの枕の下…。
どう考えても犯人はわたしでした。

ごめんね、猫…。ミドリムシの効能 nhk

美容と食材

テレビのワイドショーで、よくダイエット特集や健康特集をやってますよね。
たとえば「リンゴで痩せられる」とか「美容には寒天が一番!」という内容を
じ~っと見ていた主婦が(私もだけど)次にすることは・・・

そう、スーパーに、その食材を買いに走る!・・・です。

近所の奥さんたちが言ってました。
「あれって、たぶん前もって大手スーパーとかに情報を流しているんじゃない?」
「そうよね、その情報をもとに、リンゴとか寒天とかを大量に仕入れる」
「儲かるはずよね~。なんだか、いやね」

う~ん、一つ疑問に思うのは、
前情報が流れているんなら、なぜ、いつも売り切れるのかしら?

と、考えていても仕方ない。
やっぱり走ろうスーパーへ!
今日の夕飯は、お肌に優しい鶏料理、コラーゲンたっぷり鍋に決定!
でも3日も食べたら飽きますよね・・・。

わたしが、最近思うのは美容やダイエットに関する情報に対して
ピンとアンテナを立てて生活していることが、
美しくなるために、一番いい方法なんじゃないかなってことです。

3日坊主の言い訳かしら?(笑)